白髪が多いと薄毛になりますか?

A.例外が一部ありますが、基本的に白髪と薄毛には関係がありません。

私も昔善意でおばあちゃんの白髪を抜こうとしたらこういわれたことがあります。
「白髪を抜けば他にも白髪が増えるし、抜けやすくなるからやめて!」と。
その時は「あーそうなんだー。」と納得した記憶がありますが、、、

まず、白髪がどうして起こるのかを説明しておきましょう。
髪の毛を構成する成分の中にメラノサイトという色素細胞があります。これはメラニン色素から産生される細胞であり、これが髪の毛の色を司っているわけです。
このメラノサイトの量が減ってくると白髪になると言われています。毛根一本一本にたいしてのメラノサイトの量は違うので、どれが白髪になってくるのかという時期はバラバラです。

メラノサイトが減る原因は加齢によるものがほとんどです。徐々に毛根に存在する量が減ってきて最後にはなくなってしまうというプロセスになります。従って例え白髪を抜いたとしても次に生えてくるのはまた白髪になります。

もう一つの原因はストレスによるもの。「急に何か悪いことがあって髪が一気に白くなった!」という人を見たこと、聞いたことはありませんか?なぜかといえば、メラノサイトは神経細胞の一種なので、急激なストレスや精神的なバランスの影響を受けやすいからです。この場合徐々にというわけではなくストレスを受け続けている短期間に進行したりします。

このメラノサイトは、色を出す役割だけのものであって、髪を生やしたり育毛に関する役割自体はありません。ですので白髪が増えたからといって抜け毛も増えるというわけでは基本的にはありません。

ただし、ストレスによるものは少し注意が必要です。
ストレス性が原因の一つと言われる円形脱毛症という症状があります。
この場合、抜ける毛は白髪よりもメラノサイトがある黒髪から優先して抜けてしまうという現象が見られるそうです。
円形脱毛症は育毛剤などの自宅療法だけでは改善出来ないことが多いのですが、ストレスが無くなるなど精神的変化があった場合は自然に収まることが多いようです。あまりに長期間続くようであれば皮膚科を受診してみましょう。