頭皮マッサージャーで刺激するとはげに良いと聞いたのですが…?

A.頭皮を刺激だけでは、ただのリラックス効果だけではげの改善には何の作用もありません。

頭皮をマッサージして育毛!という民間療法があります。
頭を自分の手でもんでみたり、また育毛剤の付属品として電動ブラシ型のマッサージャーも販売されています。確かに揉んだり、刺激を与えることは気持ちいいことですし、血行も良くなりそうですし、なにがしかの効果があるのでは?と錯覚することも仕方のないことかもしれません。

しかし、育毛のメカニズムから言ってマッサージが育毛につながる根拠はないと断言したいと思います。
髪の毛が育つというそもそもの命令を行っているのは頭皮の下の部分、毛根部分にある毛乳頭細胞であると言われていて多くの薄毛の根本原因はこの毛乳頭細胞が何らかの理由で髪の毛の伸ばす命令を出さないことであるところまでつきとめられています。
毛乳頭細胞が働かない原因としては、栄養が行き渡っていない、またAGAのように命令が阻害される物質が存在しているなど、体の内面の細胞レベルのフェーズまではいっていかないといけません。
マッサージによって一時的に血行が良くなる可能性こそありますが、それはあくまで一時的、髪の毛は1日の中で就寝中が一番伸びやすいのでこの時間に血行がよくなければ意味が無いわけです。
すなわち、ただ外側から頭皮を刺激したところで、細胞レベルにおいてはなにも変化はないといえることができます。
もう一つ、マッサージャーを使う根拠として硬くなった頭皮を柔らかくするという主張があります。しかし、これもあくまで皮膚が硬くなっただけのことで、細胞が関係する育毛には何の関係もないことがわかりますよね。固いから毛髪の穴が塞がれるとか、伸びにくくなるといったことも実際にはありません。

外側からの刺激はリラックス程度のことに考えて本気で育毛を目指すのであれば、
体の内面を変えていくという意識で取り組んでいただくことをおすすめします。